高所の網を自由に歩く、トーマス・サラセーノが製作した蜘蛛の巣ぽい作品

アルゼンチンのアーティスト、トーマス・サラセーノがドイツのK21シュテンデハウス博物館に作り上げた

まるで巨大な蜘蛛の巣の上を歩いているようで、雲の上を歩いているような気分にもなれちゃいます。アルゼンチンのアーティスト、トーマス・サラセーノがドイツのK21シュテンデハウス博物館に作り上げた、ホール上空を埋め尽くすような大きな網の作品です。

アルゼンチンのアーティスト、トーマス・サラセーノ
http://www.kunstsammlung.de/en/discover/exhibitions/tomas-saraceno.html

アルゼンチンのアーティスト、トーマス・サラセーノがドイツのK21シュテンデハウス博物館に作り上げた
アルゼンチンのアーティスト、トーマス・サラセーノがドイツのK21シュテンデハウス博物館に作り上げた
アルゼンチンのアーティスト、トーマス・サラセーノがドイツのK21シュテンデハウス博物館に作り上げた
アルゼンチンのアーティスト、トーマス・サラセーノがドイツのK21シュテンデハウス博物館に作り上げた
アルゼンチンのアーティスト、トーマス・サラセーノがドイツのK21シュテンデハウス博物館に作り上げた
アルゼンチンのアーティスト、トーマス・サラセーノがドイツのK21シュテンデハウス博物館に作り上げた
アルゼンチンのアーティスト、トーマス・サラセーノがドイツのK21シュテンデハウス博物館に作り上げた
アルゼンチンのアーティスト、トーマス・サラセーノがドイツのK21シュテンデハウス博物館に作り上げた

カテゴリ: