アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る写真12枚

アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る

ヌーとシマウマが一緒に渡る事によって、嗅覚と視力などを補完しあっているんだそうです。生き物の知恵ですね。また、出来るだけ多くの集団で移動して渡れば、単独で行動するよりも狙われにくくなるので安全性が高まります。

アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る
アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る
アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る
アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る
アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る
アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る
アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る
アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る
アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る
アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る
アフリカの大自然でヌーとシマウマが一緒に危険な川を渡る

35年前には一望300万頭と言われたヌー達の大移動は、タンザニアのセレンゲティ大草原からケニアのマサイマラの間を、大昔から、1年掛かりで2つの草原に草を求め、3000キロ移動すると言われ、その道のりは、雨期の関連や、草の状態で、毎年多少のずれはあっても、同じで何度かマラ河を渡り、移動中に同時に子を設けて、ライオンや他の捕食獣の攻撃に対しては数で対抗すると考えられていて、シマウマとは密接な関係にあるようだ。現在は、その数を激減させ、この地区のヌー(尾黒白ひげヌー)は100~150万頭と考えられている。

tags: 

カテゴリ: